よくあるご質問

「付加金」って何ですか?

付加金とは、労働基準法で支払いが命じられている割増賃金などを支払わなかった使用者に対して、労働者の請求により、裁判所が命じる未払い金と同一額の金銭のことです(労基法114条)。

具体的には、未払いとなっている割増賃金(「残業代」とほぼ同じ意味と理解していただいて構いませんが、くわしくは「残業代とは何か」を参照して下さい。)が100万円のケースであれば、裁判所は、最大100万円までの範囲で、「付加金」の支払いを使用者に命じることができます。

使用者からすれば、本来の未払い額の2倍の支払いを命じられる可能性があるわけですから、大変「怖い」制度といえます。

付加金の法的な性質についてはいくつかの考え方がありますが、割増賃金などをきちんと支払っていなかった使用者に対するある種の制裁(ペナルティ)だと考えれば良いでしょう。