よくあるご質問

弁護士と司法書士の違いは何ですか?

法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)の場合、一定の範囲で、依頼者を代理して交渉や裁判をすることが認められています。

しかし、司法書士が依頼者の代理人として請求(交渉・裁判)できる金額は、「140万円以下」に限られています。

したがって、未払いの残業代の金額(請求額)が140万円を超える場合には、司法書士は請求ができません。

また、司法書士は労働審判の代理人にもなることができません。

弁護士の場合、このような制限は一切ありません。

実際、当事務所の弁護士に依頼され、数百万円の残業代を取り戻された方も多くいらっしゃいます。