よくあるご質問

解決までの期間が長引けば、費用も高くなりますか?

【解決までの期間】

最短で2~3か月です(早期に交渉が妥結し、解決できた場合)。

逆に、長い場合には、1年~1年半程度を要する場合もあります(裁判が長引いた場合)。

【弁護士費用との関係】

「解決までの期間が長引いた場合、弁護士費用がどんどん高くなってしまうのではないか?」と心配される方もいるかもしれませんが、そのような心配は不要です。

当事務所では、裁判期日に弁護士が出廷しても、そのつど日当を請求することはいたしませんので、たとえ裁判が1年、2年と続いたとしても、それによって弁護士費用が高額になるということはありません。

当事務所では、弁護士報酬は「回収した金額の20%(+税)」と定めております。

これは、解決までの期間が長引いた場合でも変わりません。

なお、裁判や労働審判の申し立てに必要な「実費」については、こちらをご参照ください。