よくあるご質問

給与の中に出来高給(歩合給)が含まれている場合、残業代はどのように計算されますか?

1.出来高給(歩合給)とは?

出来高給とは、文字通り仕事の「出来高」つまり成果に対して支払われる賃金のことです。

実際によく目にするのは次のようなものです。

・契約件数や契約高に応じて定められる営業社員の歩合給

・売上額の一定割合と定められたタクシー運転手の歩合給

 

2.出来高給(歩合給)の場合の残業代の計算

ご相談をお受けしていて最もよくあるのは、「定額の固定給+歩合給」というパターンですので、

そのような場合を想定して、実際の残業代の計算方法を見てみましょう。

 

【設定例】

月給制で、雇用契約上、毎月の給与は

「固定給20万円+新規契約獲得1件あたり1万円」と定められているとします。

月平均所定労働時間数は 170時間とします。

なお、以下の「残業」とは全て、労働基準法の上限(1日8時間、週40時間)を超えた「法外残業」のことを意味するものとします。

 

(1)まったく残業しなかったが、新規契約を5件獲得した月の場合。

この場合、固定給20万円+1万円×5件=25万円 の給料を受け取れることは当然ですが、

「まったく残業はしなかった」ので、別途「残業代」が発生することはありません。

 

(2)10時間残業したが、新規契約の獲得がゼロだった月の場合。

こんどは逆に、残業したけれども新規契約に結びつかなかった場合はどうでしょうか。

基礎賃金の計算       固定給200,000円÷170時間=1176円

残業代(割増賃金)の計算  1176円×10時間×1.25=14,700円

ということで、固定給20万円のほかに、残業代1万4700円を受け取れることになります。

 

(3)10時間残業して、新規契約の獲得が5件だった月の場合。

この場合はちょっと複雑で、「固定給」部分と「歩合給」部分に分けて、残業代を計算します。

まず、固定給部分は、(2)とまったく同じです。

基礎賃金の計算       固定給200,000円÷170時間=1176円

残業代(割増賃金)の計算  1176円×10時間×1.25=14,700円

次に歩合給部分。ここが要注意です。

まず、歩合給部分の基礎賃金の計算では、「月平均所定労働時間」ではなく、「その月の総労働時間」で割ります。

基礎賃金の計算  歩合給50,000円÷(170時間+10時間)=277円

そして、これに「残業時間」と「割増率」をかけるのですが、割増率は「1.25」ではなく「0.25」になります。

残業代(割増賃金)の計算 277円×10時間×0.25=692円

したがって、残業代の合計額は、14,700円+692円=15,392円 になります。

この月は、固定給20万円+歩合給5万円+残業代15,392円を受け取れるわけです。